ふすまの張替え

ふすまの張替え

ふすま張替え

ふすまとは木で下地を組み、その上に和紙を張り重ねたものです。和紙は空気中の汚れを吸収したり、湿気の量を調整する作用があり、部屋を快適にする役割を担います。たとえボロボロになっても、表紙を張替えたり、枠や取っ手を交換することで、初期のきれいな状態に戻せるため、ふすまはエコ意識が高まる現代にマッチしたものと言えます。
「あたたかみのある感じに」「モダンでおしゃれに」「格式高い感じに」などのお客様のイメージや、「破れにくい」などの用途に合わせた提案ももちろん対応しています。
片側のみの張替といったご依頼も対応しております。気になることがあればまずはご相談ください。

こんなふすまを作成しました

ふすま例1 ふすま例2

市松模様は色紙をカットして張り込むものです。高い技術力が必要とされます。

ふすま例3

襖のサイズはいろいろですが、続き柄の襖です。

オススメ工事

人にやさしい接着剤(のり)を使用

からだにやさしいノンホルマリン接着剤を使用します。
その他に、イオン吸着現象を利用したセラミックのりで室内の刺激臭を軽減し、アトピーやアレルギーの危険因子を少なくするものもあります。

使える素材を最大限に活用

ふすまの張替えの際に、まだまだ使えそうな素材に関しては、継続して使用することができます。無駄も減るため環境にやさしく、価格も安くおさえられるので、お財布にもやさしいと喜ばれています。

料金について

作業内容 価格
ふすまの新規交換製造 16,000円~
ふすまの表側張替え 3,500円~
押入の裏側張替え 1,000円~
天袋の表側張替え 2,000円~
天袋の裏側張替え 500円~

※ 消費税は別途いただいております

当店は菊名の地域密着店 内装のことならお気軽にご相談ください

お問い合わせフォーム